BRANDS

水、空気、素材。
私たち”ca ca o”がこだわるのはチョコレートに含まれる水分量、空気量、
そして素材であるカカオ豆です。
チョコレートは融点が高い特性があるため、
口の中の唾液量や温度、体調によって感じる味が変化するほど繊細な食べ物です。
口どけを考えた水分量、カカオアロマを最も感じられる空気量、
そしてカカオ豆は品種や生産地によった独自の栽培と発酵工程。
3つが絶妙なバランスの上に成り立っています。

また、鎌倉という土地でチョコレートを作ることにも大切な意味があります。
“ca ca o”がある鎌倉は山と海に囲まれ、神社仏閣などの文化遺産を有し、武士が多く住んだ古都である一方、革新的な企業や新しい価値観・文化が生まれる街でもあります。
古い文化と革新が共存する街、それが鎌倉です。
既成概念にとらわれず革新的な商品開発をしたいと考える私たちがチョコレートを作るのに最適な土地なのです。

象徴でもある ”ca ca o”のブルーラインには「海を越えて旅するカカオ豆と生活者を繋ぐお手伝いをしたい。」そんな私たちの思いが込められています。生産者に大切に育てられた希少なカカオ豆を、私たち作り手がチョコレートというかたちにして生活者に届けます。日常の中で香り豊かなチョコレートを楽しんで頂ける様に、サスティナブルな文化創りを鎌倉の地からすることがca ca oの使命です。